アジア神学講義 グローバル化するコンテクストの神学

アジア神学講義 グローバル化するコンテクストの神学

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【内容紹介・目次・著者略歴】神学に本質的な論題を問い直すアジア神学を、キリスト教二千年の歴史に新たに加えられたキリスト教神学の生ける伝統の証と捉えて、互いに隔たった伝統的神学と伝統批判的神学とを結ぶ一つの架橋の試み。文化・経済交流が進む東アジア圏の相互理解を考える上でも示唆に富む好著。本書が取り上げるのは、アジア的な文化背景を自覚的な文脈としたキリスト教神学である。東アジアという儒漢文化圏に対象を絞り、韓国、台湾・日本・北朝鮮生まれの代表的神学者四人を取り上げて、共感的理解を目指すとともに必要な批判を加えて紹介する、わが国初のアジア神学入門であり、伝統的神学と伝統批判的神学とを結ぶ一つの架橋の試み。【目次より】目次序章1 なぜ「アジアの神学」か2 「文脈化神学」の現在3 授業の風景から4 神学と伝統5 神学と正統第1章 アンドルー・パク 「罪」の補完概念としての「恨」序1 「恨」の概念2 恨の構造類型 3 恨の晴らし4 神学的折衝結 第2章 C. S. ソン 「応報の神」へのアジア的批判序1 『第三の眼の神学』 2 『アジアの母胎からの神学』 3 『イエス 十字架につけられた民衆』4 民衆の信仰と神学の任務結 第 3 章 小山晃佑  対立と受容の背面構造序1 日本の神学と小山2 『富士山とシナイ山』3 対立と受容の背面構造4 方法論的な反省5 アジア神学の特殊性と普遍性結 第4章 ジュン ・ユン ・リー  文脈化のもたらす新たな相克序1 三位一体論と神学の可能性2 陰陽の哲学3 陰陽の三一論的理解4 アジア的な三位一体論5 アジア的三一論とジェンダー理解6 三一論的倫理7 三位一体論のアジア性結 結章1 総括2 文脈化の諸類型3 宗教混淆と二重信仰4 文脈化と歴史の重層性引用文献一覧あとがき※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。森本 あんり1956年生まれ。神学者。国際基督教大学教授。国際基督教大学人文科学科卒業、東京神学大学大学院組織神学修士課程修了。プリンストン神学大学院博士課程修了(組織神学)、Ph.D。著書に、『使徒信条』『ジョナサン・エドワーズ研究』『現代に語りかけるキリスト教』『アジア神学講義』『キリスト教でたどるアメリカ史』『アメリカ的理念の身体』『反知性主義』『宗教国家アメリカのふしぎな論理』『異端の時代』『不寛容論』など、訳書に、H.ミューラー『福音主義神学概説』(共訳)G.デコスタ編『キリスト教は他宗教をどう考えるか』ジェフリー・S.サイカー編『キリスト教は同性愛を受け入れられるか』(監訳)エミール・ブルンナー『出会いとしての真理』(共訳)ピーター・L.バーガー『現代人はキリスト教を信じられるか』(共訳)J.P.バード『はじめてのジョナサン・エドワーズ』など多数ある。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本