鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて 改訂版

鉄道まるわかり004 東武鉄道のすべて 改訂版

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。2019年3月に発行した『東武鉄道のすべて』から4年。注目の新型特急「スペーシア X」や東京メトロ日比谷線と直通する座席指定制列車「THライナー」、3機体制になった「SL大樹」など、その後の変化を盛り込んでいます。東武鉄道は、浅草を起点に群馬県両毛地域を結ぶ東武スカイツリーライン・伊勢崎線系統、東武動物公園で分岐して世界文化遺産のある国際的観光地・日光を結ぶ日光線系統、さらに池袋を起点に川越や寄居を結ぶ東上線系統、大宮と船橋を結ぶ東武アーバンパークライン(野田線)で構成され、路線網は関東の私鉄で最長距離を誇ります。近年、再注力している日光・鬼怒川温泉観光、高架化や複線化の進展、新駅・みなみ寄居駅の開業などの最新の動向から、各路線の解説や会社の歴史、車両解説まで、企業、路線、駅、車両、歴史、魅力の6項目から紹介していきます。本書は、2019年3月に発売した「東武鉄道のすべて」の改訂版になります。【目次】●第1章 東武鉄道の企業がわかる●第2章 東武鉄道の路線がわかる●第3章 東武鉄道の駅がわかる●第4章 東武鉄道の車両がわかる●第5章 東武鉄道の歴史がわかる●第6章 東武鉄道の魅力がもっとわかる

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

天夢人のおすすめ本

趣味のおすすめ本