フローリスト2022年12月号

フローリスト2022年12月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※デジタル版の特別付録のカレンダーは取り外しできません。 [第1特集] 今年のクリスマスはリース&スワッグ キリスト教以前のケルト文化では樹木信仰から、冬至になると魔除けや太陽の生命力を呼び込むために、常緑樹の枝をドアに吊るしていたとか。 その習慣が徐々に広まり、スワッグとなってリースと並ぶクリスマスの定番アイテムとなっています。 日本でも定着しつつあるスワッグを、今年はリースとともに紹介します。 スタイリッシュなスワッグが人気の古賀朝子さんには、作り方と素材選びのポイントを解説していただきました。 ■人気花店のリース&スワッグ jardin nostalgique/季々/Petit Cour. M/RaQue/marmelo/suite/hanadouraku/葉花/Jimmy DESIGN FLORAL/BALANCE FLOWER SHOP/kusakanmuri/THE LITTLE SHOP OF FLOWERS/北中植物商店/Atelier Momo/FLEURS deja-vu/花政/noo./Jaz flower shop/nature maison/MIDORI flower/caline ■素材を変えれば変幻自在 ホリデーシーズンに飾るスワッグ Fleurs de chocolat|古賀朝子 [第2特集] ドイツフロリストマイスターに教わる 四季を彩るドアリース ハシグチアレンジメンツ | 橋口 学 1年を通し、季節感のある花飾りとして空間を演出するリース。 四季を象徴する植物材料を使い、ドアやお気に入りの空間に掛けて楽しむドアリースのアイデアを「ハシグチアレンジメンツ」の橋口学さんに教えていただきました。 [記事] 「エクセレント・トゥエルヴ」の時代 50年前、日本のフラワーショーの原型を作った人たちがいた [特別付録] 2023年フラワーカレンダー

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート