座標軸としての仏教学 パーリ学僧と探す「わたしの仏教」

座標軸としての仏教学 パーリ学僧と探す「わたしの仏教」

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

思想と信仰との間で我々は何を規範とし、何を選択するのか。気鋭のパーリ語仏教文献学者が探る。2500年の歴史をもつ仏教の特徴は「多様性」にあるといわれます。著者自身も、在家に生まれて広告会社を起業したのち、浄土信仰や『法華経』に親しみ、天台宗での得度を経て、現在はパーリ仏教の研究者として活躍中です。本書は、著者が自身の信仰遍歴と研究に基づいて、原始仏教―インド大乗仏教、中国仏教、日本の仏教導入期から現代の宗派仏教までをやさしく解説します。読者一人ひとりが「自分の仏教」をつかみとれる仏教書。・各章の冒頭に「読めば仏教学が好きになる」コラムを挿入・引用するパーリ仏典の典拠を明記・仏教語(術語・固有名詞)の検索に便利な「語句索引」付き

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

佼成出版社のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本