海に呼ばれて

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

ケリー・ワシントン主演、Netflixで映画化決定!『ROCKAWAY SURFING HEADLONG INTO A NEW LIFE』の翻訳書。海辺の町で“これから”と向き合う女性の物語——この場所でなら、この人たちとなら、わたしは好きな自分でいられる【本書について】ニューヨーク・マンハッタンに暮らすジャーナリストのダイアン・カードウェルは、人生を折り返す40代半ばにして結婚生活を失い、再び独身生活を始めることに。子供をもつ夢も失い、人並みの幸せな人生から漂流してしまいますが、思いもかけないサーフィンとの出会いによって、若い頃とはちょっと違う自分探しの旅がはじまります。慣れ親しんだ生活を手放し、人生の再スタートに選んだ地はマンハッタンから車で1時間ほどのロッカウェイ。ビーチの仲間に加わり、サーフィンがある暮らしに心の傷も癒えたころ、ハリケーンで被災し、町は甚大な被害を受けます。 けれど前を向き、いまを手放さず、ロッカウェイで生きていく――人生のリスタートを描いた、エールをもらえるノンフィクションです。目次プロローグ もう戻れないかも第一部 海辺にて1 導かれるままに2 もっと乗りたい3 やみくもだった日々4 はじめてのターン第二部 一歩ずつ前へ5 いつかあそこに6 波を待ちながら7 錨をおろす8 嵐の夜に第三部 仲間とともに10 砂と瓦礫の町で11 海へ12 波に乗るエピローグ “わたし”の居場所著者プロフィールジャーナリスト。ニューヨーク・タイムズ紙の元記者で、9.11同時多発テロで亡くなった人々についての特集記事『Portraits of Grief』の初代ライターのひとり。ニューヨークのロッカウェイ・ビーチに住み、ガーデニングとサーフィンを楽しむ日々を送っている。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

辰巳出版のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本