方丈記 不安な時代の心のありかた

方丈記 不安な時代の心のありかた

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

『方丈記』は、災害に対する都会の脆弱さ、庶民を顧みない政治のあり方、そして人々の記憶の風化現象を指摘するなど、いつの時代でも通用する視点で物事を捉えています。予想もできない災害が続く昨今に通じる部分も多く、また困難に見舞われたときに読み継がれてきた書です。800年の間日本人に読み継がれ、ときに勇気を、ときに諦観を、ときに安らぎを与えてきた作者・鴨長明のメッセージ。長明が『方丈記』に込めたメッセージは、いまの時代を生きる我々に、多くの示唆や指針を与えてくれます。【本書の目次】第1部 『方丈記』とは1.『方丈記』とは 『方丈記』の時代2.鴨長明の生涯第2部 現代語訳と原文で読む『方丈記』・行く河の流れ-人の世も河の流れも無常なり・安元の大火-すべてが灰と化す・人の営みはみな愚か・治承の竜巻-すべてを破壊し尽くす天空の猛威・突然の首都移転-とまどう人々、荒廃する都・養和の飢饉-飢えに苦しむ民衆、想像を絶する惨状・元暦の大地震-何より恐ろしき地震、つづく余震、そして風化する記憶・無常の人の世-生きにくい世に生きる・若いころの不遇と五十の春・方丈の庵-山中の独り住まい・庵での生活-四季折々の自然・気ままな暮らし・男の子を友にし、野山に遊ぶ・仮の庵もふるさとになり・他人にたよらず、自分の手足を働かせる・ただ、心の持ちかたしだい-執着心を捨てよ・静かな暁に自問自答第3部 『方丈記』に学ぶ-不安な時代の心のありかた-・不安な時代を生きる極意-いま考える「無常」ということ・執着を断つ!捨てる生きかた付録 抄訳『発心集』

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日本能率協会マネジメントセンターのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本