別冊NHK100分de名著 パンデミックを超えて

別冊NHK100分de名著 パンデミックを超えて

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

歴史的な厄災が私たちに突き付けた「問い」とは?医療崩壊、排外主義、コロナ貧困、自殺者の増加……。新型コロナウイルスの感染爆発は、全世界に社会的混乱と不安をもたらした。誰一人として先行きが見通せない状況で、私たちはパンデミックをどう生き抜くべきか。そして、先人たちはパンデミックとどう向き合ったのか。4人の論者が自身でセレクトした名著を持ち寄り、いま我々が直面している問題に即して解題し、感染症が暴いた人間の本質に迫る。大好評を博した「100分deパンデミック論」(2022年1月3日放送)の内容をさらに充実させた一冊!【目次】1 斎藤幸平:グローバル資本主義の限界(ジジェク『パンデミック』を読む)2 小川公代:パンデミックとケア(ウルフ『ダロウェイ夫人』を読む)3 栗原康:奴隷根性を打ち砕け!(大杉栄『大杉栄評論集』を読む)4 高橋源一郎:露わになる社会の本質(サラマーゴ『白の闇』を読む)

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート