スープの森〜動物と会話するオリビアと元傭兵アーサーの物語〜【電子版特典付】2

スープの森〜動物と会話するオリビアと元傭兵アーサーの物語〜【電子版特典付】2

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※電子版は書き下ろしショートストーリー 『エノーラの望み』の特別付録つきです。 心通じる夫、動物たち、そして新たな出会いーー 踏み出したオリビアの世界は、少しずつ広がっていく 人や動物の心の声が聞こえることで 孤独を抱えていたオリビアと、 傭兵として死を間近で見つめてきたアーサー。 それぞれの傷を抱えて夫婦となった二人は、 ともに食卓を囲み、寄り添いながら季節を重ねる。 人間に心を開き始めたオリビアは、 知らず知らずのうちに祖母から受け継いでいた 薬師としての才を開花させ、 オウムに野ウサギ、キツネに猫、 そして多くの人を救うことに。 賑やかな仲間も加わった『スープの森』は、 冬でも暖かな空気に満ちていてーー。 過去の傷も糧にして オリビアは今日も 救いを求める声に耳を傾ける。 [登場人物] <オリビア> 貴族の家に生まれたが、動物の心が分かることを 家族に気味悪がられ、五歳で修道院に送られる。 養父母であるジェンキンズ夫妻が亡くなった後は 『スープの森』を一人で切り盛りして暮らしている。 「人間は向いていない。動物に生まれたかった」と願い 今も周囲の人間に心を開けずにいる。 <アーサー> 貧しい暮らしの中で両親と妹を流行病で亡くし 十四歳で傭兵となる。必死に戦い生き抜くうちに 界隈では名の知れた存在となるが、二十八歳のある朝 「もう、これ以上は無理だ」と突如傭兵を辞め、 あてもなく歩くうちに「スープの森」にたどり着く。

商品情報

シリーズ

全2冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

主婦と生活社のおすすめ本

男性向けラノベのおすすめ本