小説 野性時代 第229号 2022年12月号

小説 野性時代 第229号 2022年12月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【小説新連載】垣根涼介――武田の金、毛利の銀織田信長の命を受けた明智十兵衛光秀は、旧知の愚息と新九郎の許へ、憤懣を抱えて向かう。話題作『光秀の定理』の続編が始動!中山七里――こちら空港警察成田空港警察署長に着任した仁志村は、はびこる違法薬物の密輸を阻止するため動き出す。【コラム新連載】秋山寛貴(ハナコ)――人前に立つのは苦手だけどコツコツした作業が好きで、小さいころから慎重派、なのに芸人。お笑いトリオ「ハナコ」の秋山寛貴が文章と絵で綴る初エッセイ。【読切】ラランド・ニシダ――虚栄心の鎧十二歳年下の恋人に、余裕を持って接していたはずのわたし。彼女がバーで働き始めてから、なにかがおかしくなってしまった。【連載】赤川次郎――余白の迷路今村翔吾――天弾今野 敏――脈動真山 仁――ロスト7【コラム】告白します――八重野統摩「人生ブレイカーさくら」私の黒歴史――文月悠光「黒歴史を消す唯一の方法」私の黒歴史――石田夏穂「二文字だけ詐欺」【記事】Book Review「物語は。」吉田大助――島本理生『憐憫』

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート