小説 野性時代 第224号 2022年7月号

小説 野性時代 第224号 2022年7月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【読切】朝井まかて――恋ぞ荒ぶる北条義時が見つめ続ける、日本を変えた恋。激動の鎌倉時代を生き生きと描く歴史小説。一木けい――きみに親はいない 読み切り母との関係に悩み、小説を生きる希望にしてきた聖は、偶然再会した元彼から思いも寄らない事実を告げられる。【特集】デビュー二十周年&直木賞受賞記念特集 米澤穂信・米澤穂信×宮内悠介 対談「時代と謎を紐解く」・特別寄稿 新井久幸「米澤さんのこと」・〈古典部〉シリーズ短編「三つの秘密、あるいは星ヶ谷杯準備滞ってるんだけど何かあったの会議」【発表】第42回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞【連載】赤川次郎――余白の迷路伊岡 瞬――清算今村翔吾――天弾冲方 丁――骨灰 最終回角田光代――明日も一日きみを見てる今野 敏――脈動西條奈加――隠居おてだま高杉 良――転職真山 仁――ロスト7宮木あや子――令和ブルガリアヨーグルト薬丸 岳――最後の祈り吉川トリコ――あわのまにまに【コラム】私の黒歴史――永井みみ「薔薇色だったかもしれない、もう片方の」私の黒歴史――鴨崎暖炉「夏期限定カラオケボックス事件」【記事】Book Review「物語は。」吉田大助――西村賢太『雨滴は続く』

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート