小説 野性時代 第225号 2022年8月号

小説 野性時代 第225号 2022年8月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【読切】三上 延――百鬼園事件帖 竹杖 前篇舞台は昭和初期の神楽坂。内田百間先生が謎を解く、ちょっと怪しい連作ミステリ。ラランド・ニシダ――遺影夏休み。僕はクラスで虐められている女子の遺影を作ることになった。お笑いコンビ「ラランド」のニシダによる暗黒青春小説。【連載】赤川次郎――余白の迷路伊岡 瞬――清算今村翔吾――天弾角田光代――明日も一日きみを見てるカツセマサヒコ――第四地区今野 敏――脈動西條奈加――隠居おてだま真山 仁――ロスト7薬丸 岳――最後の祈り吉川トリコ――あわのまにまに【コラム】告白します――穂波 了「草も土も風も雨もない家」告白します――秋山寛貴(ハナコ)「ある恩人への感謝を告白したい」私の黒歴史――松城 明「流れよわが涙、と就活生は言った」【記事】Book Review「物語は。」吉田大助――小川 哲『地図と拳』

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート