アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか

アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

その日、世界最大の米海軍基地ですべての艦艇に半旗が掲げられた中国系反日組織とNYタイムズの攻撃、靖国参拝「失望」から、ナショナリズムの歓迎へ——国際報道の第一人者で安倍氏との交流40年の著者が氏を軸に米国の日本観を明らかにする。米国依存は限界日本人が知らない世界標準日米同盟と米国製憲法、安倍晋三が見たアメリカも明らかになる。【主な目次】第一章 安倍晋三を賞賛したアメリカ第二章 米国製憲法との戦い第三章 アメリカで始まった安倍攻撃第四章 中国系反日組織とNYタイムズ 米慰安婦報道第五章 「失望」だけではなかった 首相靖国参拝第六章 歓迎されたナショナリズム第七章 日米関係の黄金時代第八章 安倍晋三の「遺言」 核抑止・憲法改正・財政法古森義久(こもり・よしひさ)産経新聞ワシントン駐在客員特派員。麗澤大学特別教授。日本を代表する国際問題評論家。1941(昭和16)年3月、東京都生まれ。63年、慶應義塾大学経済学部卒業後、米国ワシントン大学留学。毎日新聞社入社。サイゴン支局長、ワシントン特派員などを経て、87年に産経新聞社入社。ロンドン支局長、ワシントン支局長、中国総局長などを歴任し、2013年から現職。1975年、ボーン国際記者賞、82年に日本新聞協会賞、93年に日本記者クラブ賞など受賞多数。著書に、『中国、13の嘘』(飛鳥新社)、『米中激突と日本』『アメリカの悲劇!』(ビジネス社)、『米中開戦前夜』(共著、ビジネス社)、『米中新冷戦 偽ニュースとプロパガンダ全内幕』(共著、産経新聞出版)など多数。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

産経新聞出版のおすすめ本

社会・政治のおすすめ本