【グラビア文学館】黒嵜菜々子×永井荷風「つゆのあとさき」 週刊現代デジタル写真集

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

銀座のカフェーを舞台に後援者たちを手玉に取る女給・君江。自堕落で思わせぶりな小悪魔を注目のクール・ビューティが艶やかに魅せる。大正浪漫・昭和レトロ風の119カット!【小説のあらすじ】親の勧めてくる縁談を嫌い、口歳で田舎から家出して、カフェーで女給として働く20歳の君江。普段は自堕落な生活を送っているが、夜の銀座には通俗作家・清岡、自動車輸入商会の支配人矢田、元高級官僚の松崎老人が太客として付いている。自分に惚れ込んだ軽薄な男たちと、肉欲的な生活を送る一方で、ときに片思いから逆恨みしてくる男たちに傷つけられることも多々あった。それでも彼女はたくましく生きていく。

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

女性タレントのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください