kotoba 2022年春号

kotoba 2022年春号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

特集ゴッドファーザー1972年3月、アメリカで1本の映画が公開された。同名のベストセラー小説を原作とする『ゴッドファーザー』である。この物語は「犯罪映画」というカテゴリーをはるかに超え、大ヒットを記録し、第3部まで製作される人気シリーズとなった。公開から半世紀を迎える今、同作品から読みとることのできる多様なテーマ性や芸術性、今日的な意味合いについて考える。インタビュー/フランシス・フォード・コッポラインタビュー/アル・パチーノ濱口英樹/『ゴッドファーザー』と世界の出来事Part1 ゴッドファーザーを読み解く大岡 玲/ゴッドファーザーとシチリア内田 樹/『ゴッドファーザー』と『北の国』から芝山幹郎/汲めども尽きない旧世界の井戸町山智浩/マフィア帝国の興亡マーク・ピーターセン/名セリフから観るゴッドファーザー藤原帰一/アメリカの物語としてのゴッドファーザー津上英輔/娯楽か芸術かPart2 ゴッドファーザーを愉しむロバート・ハリス×ピーター・バラカン/ゴッドファーザーを愛する理由渡辺信一郎/監督目線で見た「二人のドン」の物語中野香織/マフィアとスーツ後藤晴彦/ゴッドファーザーの食卓長谷川町蔵/三部作に張りめぐらされた音楽の連接新元良一/移民としてのゴッドファーザー馬飼野元宏/犯罪組織を描いた映画※連載「水野和夫 資本主義の相克」は電子版には収録されていません。

商品情報

シリーズ

全9冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

集英社のおすすめ本

趣味・スポーツ雑誌のおすすめ本