悪事の心理学 善良な傍観者が悪を生み出す

悪事の心理学 善良な傍観者が悪を生み出す

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

ワシントン・ポスト紙ブック・オブ・ザ・イヤー受賞の話題書がついに日本上陸!”遊び場でのいじめから職場でのセクハラまで、善良な人がとんでもないことをする場合がしばしばあります。それはなぜでしょう?著者は、社会心理学の基本原理がどのようにそれらの行動を説明するのか、その行動を変えるためにはどうすればよいのかを、思慮深く美しい文章で示しています。本書は、より良く、より勇敢な自分になるためのスマートな実践書です。”―ダニエル・ギルバート(ハーバード大学社会心理学教授『明日の幸せを科学する』著者)組織の中にいる私たちは皆、判断を間違える可能性を孕んでいる。なぜ、不正を目撃した会計士の半数がその事実を黙っているのか?なぜ、警官の正当性のない16発の発砲を他の警官は止めなかったのか?なぜ、職場でのセクハラは発見されないのか?いつの時代も企業や個人の不正、ハラスメント、いじめ、性加害の問題に関するニュースは後を絶たない。その原因を探ったところにあるのは、たった数人の「悪人」ではなく、沈黙する大多数の「善人」であると言ったら驚くだろうか。本書は最新の心理学・神経科学をもとに、悪事が起こるメカニズムを「傍観者」に着目して解説する。さらに、傍観者が同調圧力に打ち勝ち、勇気ある反抗者に変わるにはどうすればよいのか、具体的な実践法まで提言する。著者は、「社会規範」にまつわる先駆的研究で全米トップ300の教授の一人にも選出された心理学者キャサリン・A・サンダーソン。彼女が本書を執筆したきっかけは、息子の寮の新入生が飲酒中に転倒して20時間後に死亡したことだという。20時間もの間、誰一人として救急に電話することはなかった。なぜ誰もすぐに行動を起こさなかったのか?あなたなら行動を起こせたのか?企業や個人の不正、ハラスメント、いじめ、性加害の問題に関するニュースが後を絶たない現代社会にこそ、広く読まれるべき1冊。各誌、各専門家が推薦!”本書は、同調圧力や腐敗した権力、無関心・無気力に直面しても、正しいことのために立ち上がる力を、できるだけ早く身に付けるべきだと力強く主張しています。”―サイコロジー・トゥデイ誌”善人の善行を妨げる社会規範の深層を探り、社会をよりよい方向に変える「道徳的反逆者」になるために、我々全員が取るべき手段を指し示す1冊です。”―ウォルター・V・ロビンソン(ボストン・グローブ紙元編集者)”なぜ多くの人は、悪事を目撃したときに黙っているのでしょうか? もし、最近そのような疑問を抱くことが増えたとしても、それはあなただけではありません。本書は、そんなあなたに向けて執筆されています。”―ジョージ・コンウェイ(リンカーン・プロジェクト共同設立者)”私たちの世界は、臆病と腐敗に満ちています。著者は、数十年にわたる画期的な研究をもとにその理由を説明しています。”―ジェレミ・スーリ(歴史学者)”著者はこの力強い良書で、善良な人々がしばしば何もしない理由を心理学的に説明し、必要な状況のときに多くの人が「道徳的反逆者」になるための思慮深い提案を行います。”―バリー・シュワルツ(心理学者、『なぜ選ぶたびに後悔するのか』著者)”悪事が起きるのは、悪人のせいだけではありません。善良な人々が見て見ぬふりをするから起こるのです。本書は、もっと優しく、倫理的な社会を築くうえでの必読書です。”―デイヴィッド・デステノ(『なぜ「やる気」は長続きしないのか』著者)”本書は、道徳的勇気や不作為について、豊かで力強く広範に探求し、人助けをさまたげるものは何か、そして人助けにつながるものは何かを示しています。”―アービン・ストウブ(マサチューセッツ大学心理学名誉教授)

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ディスカヴァー・トゥエンティワンのおすすめ本

人文・思想のおすすめ本