評伝 マルコム・マクラーレン

評伝 マルコム・マクラーレン

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

決定的評伝、ついに翻訳。これが本当のマルコムだ。彼が生みだしたものは、セックス・ピストルズだけではなかった――アナーキスト、シチュアシオニスト、ポストモダニスト、ファッションデザイナー、アートディレクター 、パンク・ロッカー、ヒップホップ・アーティスト、映像作家、スピルバーグのグル、市長候補、ユダヤ人、トラブルメーカー、オペラ愛好家、捨てられた息子、不在の父親……はたしてマルコムとは何者だったのか?藤原ヒロシさん推薦!「色褪せない時代、その謎を解き明かす。あの時、どんな魔法がかけられてたのか?」ポップカルチャー史における最重要事件=「パンク」。このムーブメントをつくりだした、マルコム・マクラーレン(1946-2010)の決定版評伝の翻訳書『評伝 マルコム・マクラーレン』がついに刊行。あらゆるジャンルで奇抜なアイデアを実行した、その〈多才すぎる〉マルコムの全体像を、友人・関係者の証言と家族の手記から明らかにする。すべてのストリートカルチャー・ファン必読の超重量級の一冊。マルコムの意外な?表情をおさめた貴重な写真を含む16ページの口絵も。【各メディアで絶賛!】「本書はロック伝記の『市民ケーン』だ。忘れられない芸術・文化・英国のエキセントリックさをめぐる旅で、すばらしい物語だ。読み物としてもすばらしい。もし、誰かの家を訪れ本棚にこの本が無ければ、一緒に寝るなというのが私のアドバイスだ」アンドリュー・オへイガン(作家)「読むのが止められなかった。マルコムはオレたちに、退屈と怒りからアートを創りだすインスピレーションを与えてくれた。オレたちを解放してくれた」ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)「この卓越した渾身の伝記は、輝かしい幻想と常軌を逸する可能性への扉を開く」アラン・ムーア(作家)「ずば抜けている……この本で、ゴーマンは、マクラーレンを「偉大なるロックンロールの詐欺者」「モラル的に破綻したパンクのメフィストフェレス」といった凝り固まったイメージから剥離させ、彼の芸術学校のルーツ、アイデアへの愛へと説得力をもって迫っている。本書では、やっかいで、不快で、残酷でさえあった彼が、決して退屈な存在でなかったことを明確に示す」 『サンデー・タイムズ』紙「この挑発的な人物の、驚くべき新しい伝記は、マクラーレンの浮上してくるトレンドを見極め、まさに絶好のタイミングで、まんまと自分を位置づける才能を完璧なまでに捉えている」 『ファイナンシャル・タイムズ』紙「完全に……心をつかまれる」 『オブザーバー』紙「決定版……叙事詩である」 『タイムズ』紙「心を奪われる」 『デイリー・メイル』紙「若き理想主義者から、変幻自在、行き当たりばったりの成人期までの魅了される旅路」 『i』 紙「美化しているわけでも、中傷しているわけでもなく、この書は、好奇心旺盛で、厳正であり……まず退屈することはない」『ガーディアン』紙「マクラーレンはついに、彼にふさわしい、こまやかでバランスのとれた伝記を手に入れた……ゴーマンは、ときに唖然とするほど法医学的弁舌さ、大変満足なものに仕上げている」『クラッシック・ロック』誌【目次】※ 本文中に計16頁の口絵ありアラン・ムーアによる序文ルー・ストッパードによるエッセイ著者による覚書プロローグPART1:男の子はどこまでも男の子 Boys Will Be BoysPART2:レット・イット・ロック Let It RockPART3:セックスとスタイルと破壊工作 Sex, Style & SubversionPART4:僕はセックス・ピストルだ I’m a Sex Pistol Baby Oh YeahPART5:ワールズ・エンド World’s EndPART6:ワイルド・ウエスト Wild WestPART7:「僕の父さんだ」 ‘That’s My Dad’PART8:ザ・カジノ・オブ・オウセンティシティ・アンド・カラオケ The Casino of Authenticity and KaraokePART9:ワイルド・ストロベリーズ Wild StrawberriesPART10:歴史は小便をかけるためにある History Is for Pissing Onエピローグ謝辞備考

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

イースト・プレスのおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本