実践 チェンジマネジメント 変革プログラムを成功に導き、変化に俊敏な組織をつくる

実践 チェンジマネジメント 変革プログラムを成功に導き、変化に俊敏な組織をつくる

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【内容紹介】・イノベーション、企業統合、組織改革、プロセス改革、DXなど変革を必要とする活動は年々増える傾向にあり、それらの変革活動のほとんどはプログラム・プロジェクトによって行われている。これらの変革活動は通常業務の延長線上にはない新価値を追求する活動であり、不確実性は高く、予想できないさまざまな問題に直面することが想定され、その成功の確率も低い。これらの変革活動が失敗する原因が、単にビジネス的な要因や技術的な要因以上に、これらの変革活動にかかわる多くのステイクホルダーに起因することを理解している人は思いのほか少ない。この変革活動に関わるステイクホルダーへの対応こそが変革を成功に導くためのカギであり、本書で説明する「チェンジマネジメント」の要諦である。・変革活動をプログラムととらえ、プログラムのライフサイクルを通してどのようにステイクホルダーをマネージしていけばよいのかをプログラムのステージごとに示した。プログラムのライフサイクルは、日本プロジェクトマネジメント協会で策定された『プログラム&プロジェクトマネジメント(P2M)標準ガイドブック』の定義に準拠し、構想・検証、実行、定着のステージに合わせて価値創造までの実践的な手順を示した。さらに、読者が実際の変革プログラムにおいて実践しやすいように、これまでさまざまな変革活動で活用された実践ツールの使い方を含めて準備した。・ステイクホルダーの母体となる変革プログラムを所有する組織についても、チェンジマネジメントの視点から掘り下げた。組織そのものが変化に対して硬直である場合、その影響は大きい。変革プログラムは人の行動変容を求めるものであるが、組織そのものが行動変容への受容度が低い場合、変革プログラムの難易度は大きく跳ね上がる。変革プログラムを成功させるには、もう1つの視点として組織カルチャーを含めた組織の変革への対応能力も重要な要素となる。本書では、これをチェンジアジリティと定義し、チェンジアジリティの能力要素を定義し成熟度モデルを設計した。そのモデルを理解することで、組織の現状レベルを認識し、変化に強い組織を創り上げあるための処方箋を示した。さらに、チェンジアジリティの成熟度モデルは30社以上の協力を得てベンチマーキングを行い、その傾向も示した。【目次】第1章 変革の時代1 変革の環境変化の理解2 変革の意味3 変革に向けて4 変革とプロジェクト5 組織チェンジアジリティ第2章 チェンジマネジメント概論1 チェンジマネジメント概論2 チェンジマネジメントの価値3 変革活動成否への影響因子4 プログラムベースのチェンジマネジメント5 チェンジアジリティ向上への取組み第3章 チェンジマネジメントの実践1 チェンジマネジメントの枠組み2 構想・検証フェーズにおけるチェンジマネジメント3 実行フェーズにおけるチェンジマネジメント4 運用定着フェーズでのチェンジマネジメント第4章 チェンジマネジメントと組織論1 チェンジマネジメントとは組織カルチャーをマネジメントすること2 心理的安全な組織をつくる3 行動/やり遂げる組織をつくる4 学習する組織をつくる5 チェンジアジリティ成熟度調査付録:チェンジアジリティ成熟度モデル第5章 チェンジマネジメント実践事例1 旭酒造 リーダーのコミットメントと社員のエンゲージメント2 パナソニック コネクト 組織カルチャーの変容へのチャレンジ3 星野リゾート 学習する組織への転換4 みずほ銀行 変革プロジェクトでの呪縛5 レノボ 変革プロジェクトの成功要因Column変革の功罪ハードパワーとソフトパワーキャラバンによる説明行脚の旅チームの生産性の実態調査ドラムカフェのチームビルディング心理的安全性が低い組織の実態ビジネスアーキテクトというワクワクする仕事学習する組織への道程

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

日本能率協会マネジメントセンターのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本