日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う

日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

依然として7割以上の米軍基地が集中する沖縄。国民の8割が日米安保に賛成するなか、人口1%に「犠牲」を押し付けるシステムは正当なのか。基地の「本土引き取り」を提唱する著者が、様々な論争からこの国の“差別政策”の所在を示す。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

朝日新聞出版のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本