魔炎 冥府の刺客

魔炎 冥府の刺客

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

江戸は三年に一度は大火が起こるという火災の多発都市である。文政七年も異常乾燥が続く中で、連続大火が起こり、火事で焼き出された避難民が西堀留川の橋から転落し多数の死傷者を出すまでにいたった。しかも正月明けの十日くらいから「赤馬が飛ぶ」という噂が駆けめぐり、付け火が噂された。一度死んで蘇った男、死神幻十郎は楽翁こと松平定信に呼び出され、事件の渦中へと。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート