日本仏教再入門

日本仏教再入門

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

昨今、仏教研究は進展を見せ、従来の常識は大きく書き換えられつつある。「日本仏教」とは何かから説き起こし、古代から中世の仏教の思想と歴史の流れを、聖徳太子・空海・法然・親鸞・道元・日蓮などをキーに解き明かしていきます。そして、明治維新以降、西洋の文明に触れて大きな変貌を遂げた日本仏教が、日本の近代社会の中で果たしてきた役割を改めて問い直します。廃仏毀釈に始まり、日清・日露戦争を経て、大正デモクラシー、日中戦争から第二次世界対戦を経験する中で、仏教は重要な位置を占めています。戦後復興、そして大震災などに対して、実践としての仏教があらためて登場しつつある現状の意味を問うていきます。また、日本仏教の深層にある思想的、歴史的な背景を読み解いていきます。葬式仏教にどのような意味があり、どのような思想を背景にしているのか。日本仏教のおおきな特色となっている「大乗仏教」の起源を探ります。また神と仏の関係を、中世の神仏習合に遡って、読み解き、仏教が日本の思想や哲学に与えた影響を検証していきます。本書を読めば、日本仏教の思想と歴史の概観と肝要なポイントがすべてわかる、格好の入門書です。*本書は、『日本仏教を捉え直す』(放送大学教育振興会)を底本に、大幅な加筆(第二章 1最澄の生涯と思想)と改稿をし、改題しました。【目次】はじめに 「日本仏教」という問題第一章 仏教の展開と日本 序説第二章 仏教伝来と聖徳太子 日本仏教の思想1第三章 空海と最澄 日本仏教の思想2(頼住光子)第四章 法然・親鸞と浄土信仰 日本仏教の思想3第五章 道元と禅思想 日本仏教の思想4第六章 日蓮と法華思想 日本仏教の思想5第七章 廃仏毀釈からの出発 近代の仏教1第八章 近代仏教の形成 近代の仏教2第九章 グローバル化する仏教 近代の仏教3第十章 社会活動する仏教 近代の仏教4第十一章 日本仏教と戒律 日本仏教の深層1第十二章 葬式仏教 日本仏教の深層2第十三章 神仏の関係 日本仏教の深層3第十四章 見えざる世界 日本仏教の深層4第十五章 日本仏教の可能性 まとめ学術文庫版あとがき

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

人文・思想のおすすめ本