UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。

UIデザイン みんなで考え、カイゼンする。

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。〈電子書籍版に関する注意事項〉本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。【UIをデザイナーだけが作るのは、もう古い!】WebサービスやアプリのUIを、チームで協業して作り上げ、改善していくための仕組みや手法を解説した本。ユーザーのニーズが多様かつ複雑で、移り変わりも早い今のような時代は、ユーザーの声やデータに潜むニーズから潜在的に求めているものを分析し、さらにプロトタイプやミニマムな完成品を作って改善を繰り返すといった、スピーディーな開発プロセスが求められています。「UIをデザインするプロセス」がデザイナーにしか見えないような従来のやり方では、こうしたスピーディーな開発プロセスを実現することが難しくなってきました。本書では、UIの「デザインプロセス」そのものをプロジェクトチーム全体で共有しながら開発を進めていく手法の具体的な中身と、どのようにして現場で取り入れていけばよいのかを、事例も交えながら、できるだけわかりやすく伝えています。デザイナーやエンジニアだけではなく、マーケティング部門や営業部門、ときには経営層も加わる「チーム」の中で、UIデザイナーが主導すべき役割や、ビジネス視点でサービス開発を捉えたときに「デザインでは解決できないこと」なども解説しています。〈こんな方にオススメ〉・UIデザインに携わっている方・Webサービスやアプリの開発にかかわっている方・UIデザインやUXデザインに興味をお持ちの方〈本書の章構成〉CHAPTER 1 Webサービスの“カイゼン”と運用CHAPTER 2 UIデザイナーは何をどうデザインする?CHAPTER 3 「ビジネス視点」でサービスを成長させるCHAPTER 4 「ユーザーリサーチ」でサービスを改善するCHAPTER 5 「デザインシステム」を作り育てようCHAPTER 6 デザインワークをチームで協業する

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート