クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術

クソコンテンツを爆売れさせた ハリウッド流マーケティング術

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

///どんな状況下でも赤字にするな。売上が小さければ、低予算で作れ。///コンテンツをどう売るか? その方法が問われている。デジタルマーケティングが進む中で、従来の販売方法ではモノが売れなくなっている。そんな中で、漫画はグローバルな展開で売れる商材のひとつだ。だが、そんな華やかなイメージではあるものの、実際の漫画業界を見てみると、「ほとんどが売れない」。著者は漫画プロデューサーと漫画家である。かつては売れっ子だった漫画家の再生物語を中心に、DXが進む世の中でどうそれを利用し、1億PV突破のLINEマンガに至ったのか。その過程をつぶさに見ていくことによって、「ハリウッド流マーケティング術」が理解できる。序章 クソ漫画を1000万部まで導いてくれた師匠との出会い第1章 ハリウッド流、コンテンツの作り方第2章 無理にテンプレにはめると失敗へ一直線―― 第3章 ハリウッド流、最初の突破口を開く鍵第4章 戦略としてホラーに的を絞る第5章 クソ漫画が年間1億DL売り上げ続ける理由第6章 市場をコントロールせよ第7章 売りたければ自分の商品だけが目立つ仕組みを用意しろ第8章 人のふんどしで相撲を取るな第9章 コンテンツ価値が最大になる環境を整えろ第10章 ナンバー・ツーの人材を探せ第11章 ハリウッド流、コンテンツの寿命を延ばすコツ 「漫画」「コンテンツ」「マーケティング」を深く知るための資料エピローグ 師匠からの最後の試練

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート