ヒトラーはなぜ戦争を始めることができたのか――民主主義国の誤算

ヒトラーはなぜ戦争を始めることができたのか――民主主義国の誤算

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

《 民主主義の危機から、戦争は現れる 》格差、移民、差別、陰謀論……分断社会に解決策を示せないリベラル諸国。渦巻く不安と不信、露わになるナチズムの脅威。アメリカを代表する歴史家が描く、緊迫の第二次大戦前夜。---------「他国が脅威として現れたとき、民主主義はどう対応すればいいのか」「自国のリーダーが無謀で危険、あるいは無能とわかったとき、私たちはどう行動すべきか」平和を望む民意を背景に、ヒトラーに譲歩を重ねる英首相チェンバレン。ナチの脅威を一人訴え続けるチャーチル。孤立主義の立場から機を窺う米大統領ローズヴェルト。国内で粛清の嵐を吹き荒らすソ連のスターリン。様々な思惑が交錯しながら、世界は戦争への道を進んでいく──。---------アメリカを代表する歴史家が、1930年代から40年代初頭における民主主義の危機と覚醒を鮮やかに描く。〈 『ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか──民主主義が死ぬ日』続編 〉---------【目次】■主な登場人物■プロローグ……民主主義の危機〈 PARTI・危機 〉■1……首相の野望──「生存圏」の拡大■2……グライヴィッツ市で何があったのか──ポーランド侵攻のきっかけ■3……「同罪」──赤軍将校の命運■4……「計画は模索中」──チャーチル、チェンバレン、ローズヴェルト■5……「王は、ここでは理解していらっしゃる」──スキャンダル■6……「将来がとても心配だ」──イギリス空軍戦闘機、スピットファイア■7……鉄格子をこすり続ける──移民受け入れ〈 PARTII・ミュンヘン 〉■8……「これだ、私が求めていたのは!」──将官たちの企て■9……「この危険という茨のなかから」──ミュンヘン会談■10……銃口を突きつけられて──民主主義の苦難 ■11……「不和の種を蒔く」──分断と差別〈 PARTIII・戦争 〉 ■12……「国民のみなさんに申し上げねばなりません......」──宣戦布告 ■13……「これがプロイセンの将校か!」──指導者への抵抗 ■14……「力を合わせて、ともに進もうではありませんか」──就任演説■エピローグ……「始まりの終わり」──大西洋憲章■訳者あとがき■参考文献■主な出来事

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

亜紀書房のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本