インディーゲーム中毒者の幸福な孤独

インディーゲーム中毒者の幸福な孤独

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人生のどこかの瞬間と響き合う、個人的なゲームたち――異能のアニメーション作家による唯一無二のエッセイ集。戦火のウクライナ発の奇怪な経営シミュレーション、セラピストと絵文字だけで会話するゲーム、認知症患者となりその混乱や不安を体験……「数多くの個人的なゲームたちと確かに交流したのだという幸福な錯覚は、自分と世界との距離を見つめ直そうとする私に流れる孤独な時間を、今も静かに支え続けてくれている」(本文より)【目次】▼はじめに▼まるでボトルレターのように▼オーダーメイドゲーム作家▼祖母を見舞う▼アルツハイマー病患者の苦悩と孤独▼トイレットシミュレーターの世界▼自家製マリオワールド▼常識はずれのゲーム達2021▼語られたがった布団の中の物語▼戦火の中でリリースされたゲーム▼誤解の中で呼吸するヒロイン▼老後も遊べるゲーム▼本から広がる言葉の宇宙▼誰とでも共作できる美術館▼暗い橋の上から▼人間臭いゲームたち▼正解の無い会話▼めくるめく無慈悲な肯定▼終わらせなければ、終わらない

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

集英社のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本