マンガでわかる! 100分de名著 マルクス「資本論」に脱成長のヒントを学ぶ

マンガでわかる! 100分de名著 マルクス「資本論」に脱成長のヒントを学ぶ

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。100分でわかるまったく新しいマルクス論!気鋭の経済思想家・斎藤幸平氏が指南役を務め、大きな反響を集めたNHK「100分de名著 カール・マルクス『資本論』」。同番組のエッセンスをマンガでさらにわかりやすく解説した1冊が、待望の書籍化!長時間労働、格差、不安定雇用、低賃金――。「資本主義の暴力性」が加速化し、社会の矛盾がますます顕著になるなか、世界的にマルクスが再評価されている。生産力は上がっているのに、人々の暮らしが貧しくなるのはなぜなのか?どうして、過労死するまで働き続けなければなければならないのか?経済成長しなくても、「豊かに生きていける」術はあるのか?コロナ禍や気候変動といった地球規模の環境危機を踏まえ、いまこそ必要な社会変革に向けた実践の書として「資本論」を解説する。第1章 資本主義に本質は「商品化」にあった第2章 効率化しても労働時間が減らないのはなぜか第3章 イノベーションが人間から働きがいを奪う第4章 「脱成長」にこそ真に豊かな未来がある

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

宝島社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本