つながりの子育て―子どもをまんなかにしたコミュニティづくりを、問いなおそう―

つながりの子育て―子どもをまんなかにしたコミュニティづくりを、問いなおそう―

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【内容紹介】 手をとり合って、子育てしよう。たいへんなら、助け合おう。安心できる子育てを探り実践する、自主保育、プレーパーク、森のようちえん……これらを紹介しながら、発達心理学の視点で「コミュニティで子どもを育てる」ことの歴史から現代への考察も交え、ヒトの間で子どもが育つことの大切さと、子どもの世界を尊重することで促される子どもの「育つ力」をも捉えなおす。古き新しき子育てを提案する一冊。発達心理学の研究者と里山保育に熟練した保育士による共著。【著者略歴】著:菅野 幸恵(すがの ゆきえ)青山学院大学 コミュニティ人間科学部 教授著:土井 三恵子(どい みえこ)NPO法人青空保育ぺんぺんぐさ 理事・共同代表・保育士【目次】序章 子ども・コミュニティとその源流1章 子育てはひとりではできない 2章 地域に遊び(場)がなくなった3章 子どもには遊びが必要だ4章 家族以外の人と育つ、育てる― 自主保育という子育ての営み5章 地域のなかで育つ、育てる― 冒険遊び場(プレーパーク)の可能性 6章 自然の力を借りながら育つ、育てる― 森のようちえんでの育ちと運営7章 地方での子育ち・子育て ― 移住という選択8章 対談 民主主義が子どもを育てる

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

理工図書のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本