匂いが命を決める――ヒト・昆虫・動植物を誘う嗅覚

匂いが命を決める――ヒト・昆虫・動植物を誘う嗅覚

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

《 言葉より直截[ダイレクト]で、音よりも戦略的 》視覚と聴覚の彼方に広がる原始の領域 〈嗅覚〉。匂いを介したコミュニケーションで命をつなぐ生き物たちの驚くべき物語とその未来の可能性。--------- ●なぜわたしたちの鼻は顔の中央、先端についているのか? ●なぜ動植物は、ここぞというとき「匂い」に頼るのか? ●「Eノーズ」は将来、匂いの正確な転写・伝達を可能にするか?ヒト、昆虫、動物、魚、草木、花など多様な生物の「生命維持」と「種族繁栄」に大きな役割を果たしている嗅覚。そこに秘められた謎と、解き明かされた驚異の事実とは──。---------〈 多様性にあふれる生き物たちとその「嗅覚」の不思議 〉 ●雌を嗅ぎつけるため異常に巨大化したオス蛾の触覚 ●フェロモンを追って雌の身体に溶け込む5cmの雄アンコウ ●腐食した樹木に仲間を呼び、かつ満員を告げるキクイムシ ●芳香や腐敗臭で虫をおびき寄せ、受粉をうながす花々 ●刈られた芝が発するSOSの匂いが害虫を殺す受益者を呼ぶ ●地雷やアルツハイマー病患者を嗅ぎ分ける犬     など……---------【目次】■はじめに■第1章……人新世の嗅覚■第2章……人の嗅覚・人の匂い■第3章……犬はすぐれた嗅覚をもっている■第4章……鳥は匂いがわかるのか■第5章……魚と嗅覚■第6章……ネズミは嗅覚がすべて■第7章……鼻が利く蛾■第8章……小さいハエさえも■第9章……血の匂いを嗅ぐ蚊■第10章……巨木キラー・キクイムシ■第11章……クリスマスアカガニ■第12章……植物は匂いがわかるのか■第13章……匂いの詐欺師たち■第14章……人は匂いをどのように利用しているのか■おわりに──匂いの未来■謝辞訳者あとがき

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

亜紀書房のおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本