母を捨てる

母を捨てる

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【内容紹介】虐待、いじめ、家庭内暴力、無理心中未遂毒母との38 年の愛憎を描いた壮絶ノンフィクション私は何度も何度も、母に殺された――。 私の頭には、いつも母があった。しかし、母と縁を切ってからは、自由になれた。ノンフィクション作家である著者は、かつて実の母から虐待を受けていた。教育虐待、折檻、無理心中未遂 。肉体的、精神的ネグレクトなど、あらゆる虐待を受けながら、母を殺したいほど憎むと同時に、ずっと「母に認めてもらいたい」という呪縛に囚われてきた。その呪いは大人になってからも著者を縛り、ノンフィクション作家となって孤独死の現場を取材するようになったのも、子どもの頃の母の虐待が根源にあることに気づく。そこで見たのは、自信と同じように親に苦しめられた人たちの“生きづらさの痕跡”だった 。虐待サバイバーの著者が、親の呪縛から逃れるため、人生を賭けて「母を捨てる」までの軌跡を描いた壮絶ノンフィクション。【著者紹介】[著]菅野 久美子(かんの・くみこ) ノンフィクション作家・エッセイスト。1982年生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。大学卒業後はアダルト系出版社に就職、SM雑誌の編集に携わる。その後、独立し、フリーライターへ転身。主な執筆テーマは、性と死、家族問題。自ら毒親問題に苦しんだ経験から、近年は親に苦しめられた子どもと、その親の最期を引き受ける家族代行ビジネスを取材・執筆。その知られざる実態を書籍やWeb媒体などで発信し、メディアで大きな話題になった。著書に『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』(毎日新聞出版)、『ルポ 女性用風俗』(ちくま新書)、『家族遺棄社会 孤立、無縁、放置の果てに。』(角川新書)、『生きづらさ時代』(双葉社)など多数。【目次抜粋】プロローグ◆第一章 光の監獄・私は何度も何度も、母に「殺された」・無限に続く処刑のループ・風呂場の白い光◆第二章 打ち上げ花火・四歳の殺人未遂・教育虐待・母の「トクベツ」になれた日・天才のふりをしたピエロ◆第三章 機能不全家族・台風の夜のドライブ・人生が二度あれば・新興宗教にハマった母・母の発狂と声なき叫び◆第四章 スクールカースト最底辺・クラス全員からのいじめ・引きこもりのはじまり・母の首を絞めた日・不在の父の癇癪◆第五章 金属のカプセル・酒鬼薔薇聖斗は私だったかもしれない・『エヴァ』シンジとのシンクロ・たった一人の卒業式・五〇〇円のミニスカート◆第六章 母の見えない傷・母が父に見た「かつての自分」・結婚という牢獄・無理心中未遂・ハルキストの父◆第七章 性と死・衣装箪笥の悪夢・SMと母への思い・「普通の人生」を生きたかった・孤独死と私の共通点◆第八章 母を捨てる・毒親の最期を押しつけられる子どもたち・「家族代行ビジネス」の仕掛け人になる・母とストリップ劇場に行く・母が私に遺してくれたものエピローグ 私の中の少女へ

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

プレジデント社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本