改訂版 ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本

改訂版 ゆーみんの現代麻雀が最速で強くなる本

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。★並みいる強豪プロ雀士を打ち負かし獲得した数々のタイトル★Mリーグが発足するやセガサミーフェニックスからドラフト1位指名★同リーグ2019シーズンには個人成績1位でMVPを獲得魚谷侑未プロが競技麻雀界においてトップ中のトップであることは、誰もが認めるところだろう。正確な読み、無類の押し引きの強さ、決して勝負をあきらめないその姿に憧れるファンは少なくない。本書は、魚谷プロが2016年5月に出版した同名書籍の改訂版である。内容は、牌効率とデータを重視する「現代麻雀」の使い手・魚谷氏が、初心者・中級者が勝ち組に回るために必要な項目をわかりやすく解説した教科書となっている。今回のリニューアルにあたり、牌を大きく見やすくするなどの修正・再編集を施した。更に加筆部分として、伝説となったMリーグ2019年シーズン・ファイナルシリーズ最終戦を魚谷氏自身に振り返ってもらった。惜しくもシーズン2位となってしまったフェニックスだが、勝てば優勝が決まるあの大一番で、彼女は何を考え、どう打ったのか。その舞台裏が今、明かされる !●コンテンツの一部・テンパイの確率・速さだけが牌率ではない・迷彩なんて必要なし ! 素直に打とう !・目一杯に構えるときのコツ・ノミ手テンパイでリーチを打っていいのか・先手と後手のリーチ判断の違い・リーチを受けたときに降りる基準・基本的に絞りは考えず、自分のためだけに打つ・相手の癖から手牌が透けて見える・価値のない手は仕掛けてテンパイを取る・仕掛けても降りよう・役牌バック仕掛けを恐れるな・時にはトップを狙わずになど【追記】自戦記/Mリーグ2019シーズン・ファイナルシリーズ最終戦■著者 魚谷 侑未(うおたに ゆうみ)プロ雀士 1985年11月2日生まれ。新潟県柏崎市出身。08年に麻雀を覚えた後、地元のフリー雀荘に勤務しながら技術を磨く。09年、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としてデビュー(25期生)。鳴き仕掛けを多用するスタイルから「最速マーメイド」と呼ばれる。その後、第44期王位戦、第6期7期女流桜花、第16回日本オープン、第10回・12回女流モンド杯、第9回・11回・12回モンド王座、女流日本シリーズ2018など、数々のタイトルを獲得する。2018年、大和証券Mリーグが発足すると、ドラフト1位指名でセガサミーフェニックスに所属。2019年レギュラーシーズン個人成績1位(MVP)となる。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

鉄人社のおすすめ本

趣味のおすすめ本