ヒクソン・グレイシー自伝

ヒクソン・グレイシー自伝

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

頂と底。善と悪。生と死。彼の波瀾万丈の人生は、「柔術」そのものの物語を見るかのようだ。――中井祐樹 推薦!コナー・マクレガー(元UFC2階級同時王者)絶賛!--------------------------------------《アルティメット大会に震え、VTJとPRIDEに熱狂し、あの日の「ヒクソン」を畏怖したすべての人に贈る》父エリオや兄ホリオンとの確執、闘いなき「競技」へのまなざし、離婚と再婚、日本での特別な時間、早世した息子ホクソンへの想い――。13歳で学校をドロップアウトし、ストリート団に身を投じた若き柔術家は、亡き兄ホーウスに代わり一族最強を継ぐと、バーリトゥードの道を選んだ。ヨガの呼吸法を体得し、全能のファイターとなった男はリングを降りたが、家族への想いを胸に、いまなお世界中で柔術の発展に寄与しつづけている。ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、USAトゥデイでベストセラーとなった話題の書これから先、数百年後も数千年後も永遠に格闘技史に名前が刻まれる究極のファイターである。──作家・増田俊也(「解説」より)--------------------------------------【目次】■序文1……グレイシー一族2……グレイシー一家に育つ3……捕食者と獲物4……不動の心5……切磋琢磨6……渡米7……日出ずる国8……パラダイムシフト9……荒廃10……再生■エピローグ■謝辞■解説──増田俊也(作家)

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート