原発再稼働 葬られた過酷事故の教訓

原発再稼働 葬られた過酷事故の教訓

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

電力不足キャンペーンでなし崩し的に原発再稼働支持が広がる現状に異議あり!――政治家・役人を徹底的な調査報道で追及する!――悲劇に学ばない日本の現実◆内容紹介◆2011年3月、福島第一原発事故で日本の原発は終焉を迎えたかに見えた。大津波の襲来という知見が事前にあったにも関わらず、規制当局は運転継続を黙認して過酷事故が発生。安全神話に依存していたため防災体制はないに等しく、住民避難は混乱を極めた。そして国内の原発はすべて停止し、「原子力ムラ」は沈黙した。国民は学んだはずだった。だが、「懺悔の時間」はあっという間に終わった。あれから一〇年以上が経ち、ハリボテの安全規制と避難計画を看板に進む原発再稼働の実態を、丹念な調査報道で告発。著者の政治家、役人に対する鬼気迫る追及は必読。◆主なトピック◆第一部 安全規制編第一章 密儀の中身第二章 規制委がアピールする「透明性」の虚構第三章 規制は生まれ変わったのか?第二部 避難計画編第四章 不透明な策定プロセス第五章 避難所は本当に確保できているのか第六章 隠蔽と杜撰のジレンマ第七章 「絵に描いた餅」第八章 避難計画とヨウ素剤補遺 広瀬弘忠氏インタビュー――フクシマ後も変わらない原発行政全般の虚構

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

集英社のおすすめ本

ノンフィクションのおすすめ本