手術件数1000超 専門医が教える がんが治る人 治らない人―――病院は3つのポイントで選べ!

手術件数1000超 専門医が教える がんが治る人 治らない人―――病院は3つのポイントで選べ!

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

突然ですが問題です。ガンになったとき、「ガンを克服する人」と「命を落とす人」、今はどちらが多いと思いますか?答えは、「ガンを克服する人」です。国立がん研究センターの最新データでは、ガン患者全体の5年生存率はおよそ70%、10年生存率は60%近くまで向上しているという結果が出ています。つまり、ガン患者のうち6割の人は治るのです。医療の進歩によって、「ガン=死の病」というのは、過去のものになりつつあります。■その選択で生死が決まる!・がん治療は「筋肉の量」で決まる。・病院は3つのポイントで選べ!・長時間の昼寝はあぶない。・がん治療を変える「免疫チェックポイント阻害剤」とは。ガンが早く発見され、手術がうまくいったとしても、一部の患者さんは、残念ながら、数年以内に再発して命を落とします。一方、手術と抗がん剤の併用治療を行い、再発・死亡リスクが高く、かなりがんが進行した状態の患者さんの中には、5年~10年以上元気に暮らしている人がいます。同じ臓器の同じステージのガンであっても、患者さんによって治療経過がまったく異なるのです。そこで、20年以上にわたり多くのがん患者の治療にたずさわってきた著者に、がんを克服した患者の共通点を明らかにし、がん治療を始めるまえに知っておきたいメンタルの整え方、正しい情報の集め方などについて解説していただきます。■目次第1章 患者の「受け入れる力」が、その後を決めるガンが治る人 →→→ ガンを受け入れ、早く立ち直るガンが治らない人 → ガンを受け入れられず、引きこもるガンが治る人 →→→ いつも最良のシナリオを心に描くガンが治らない人 → いつも最悪のシナリオを心に描くガンが治る人 →→→ ガンを克服する「解決策」を考えるガンが治らない人 → ガンになった「原因」ばかりを考えるガンが治る人 →→→ まわりの人を頼り、感謝できるガンが治らない人 → まわりの人に相談せず、1人で抱え込むガンが治る人 →→→ ガンになって「得たもの」に気づく他第2章 ガンを治すための正しい「情報」の集め方第3章 ガンを治す人は「コミュニケーション」で味方をつくる第4章 手術・治療をのりきるための「体力」づくり第5章 ガンを治す人は、こうして「免疫力」を高める■著者 佐藤典宏

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

あさ出版のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本