AIジャーナル 未来派知性の総合誌 No.3

AIジャーナル 未来派知性の総合誌 No.3

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ハードウェア、ソフトウェア充実に伴って、AIが急速に工学の色彩を強めている。AIは玩具との時期から見れば画期的な前進だが、人間並みの知的機能にどこまで迫れるのか。強い(strong)AIと弱い(weak)AIというのは、人間の認知過程、推論過程をモデルにするか否かによって分岐していく。未来派知識の総合誌、第3号は、最近の認知科学の展開を踏まえつつ、技術としてのAIと科学としてのAIの接点を探った。 今はもうなくなったUPUから1985年から1987年まで隔月で刊行された“幻の雑誌”がデジタルで復活! AI(Artificial Intelligence =人工知能)を科学と技術との両面から捉える“未来派知性の総合誌”。その第3号(1986年4月発行)。表紙目次AIジャーナル投稿大募集……『Aジャァーナル』を百家争鳴の場にAIJ Radical Review 1 脳みそ(ブレイン)・には・キムコ 2 AI=アートしちゃう・いんてりじぇんす!? 3 学習をさせるマックスウェルの悪魔はいないのか。Ahaの瞬間3――着想から20年、ようやく蒼空を舞った“飛鳥”……幸尾治朗特集/強いAI、弱いAI 『強い、弱い』の基調にあるアメリカンドリーム……英愛児 インタビュー/実証主義としてのAIを考える――強いAI、強い人間機械論……坂本百大 匿名座談会/贈る言葉――AI新人類の条件――強いAI、弱いAIなんて知らないよ!! 認知モデルの史的展開――心理学と工学の間 ICOTは強いAIか 脳研究の強い手法、弱い手法セルオートマトンを彫る1……安斎利洋INTERVIEW 日本のAI仕掛人たち 3……矢田光治言語処理実務者の頭脳プロセス――速記者その1……兼子次生特別インタビュー/第五世代を牽引する人物が必要……Donald Michie(ドナルド・.ミッキー)AIツール開発者インタビュー/診断コンサルテーションシステムから発展した汎用ツール――Super-BRAINS……岡田二郎AIJ連載企画2 インテリジェンスとは何か 第3回 チューリングと「機械」……土屋俊AIJ連載企画1 分類学再考 第3回 生物分類学の復権(2)――分類と系統――……三中信宏徹底取材/医療とAI 医療とプラント、その知識工学の可能性……田中博,寺野隆雄 医療コンサルテーションシステムの現状 中医学の近代化と知識工学……劉素賓学会レポート1/JUNETについて――アカデミックネットワークの実現……村井純学会レポート2/AIの重点化顕著に――情報処理学会第32回全国大会から小特集/PC―エキスパート・シェルの比較調査――EXSYS、MICCS創玄……ツール検討ワーキンググループAIJ連載企画3 日本語の探求 第3回――漢字教育と日本語の神話性……J・マーシャル・.アンガーパソコンで学ぶ AIプログラミング入門3AI意識調査・2万人オピニオン アンケート結果報告――「知」の科学のルネサンスは可能か奥付

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

イーストのおすすめ本

スマホ・PC・ITのおすすめ本

カート