年上婚約者の溺愛に困惑してます!【分冊版】3

年上婚約者の溺愛に困惑してます!【分冊版】3

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

子爵令嬢であるエステル・セルウェイは、12歳のときに婚約者が決まった。お相手は、銀髪にエステルと同じ深い緑の瞳を覗かせた見目麗しい貴公子のような20歳のクレイン・ウィルクス次期公爵だ。婚約した一か月後に、クレインは留学兼仕事のため隣国へ行ってしまったのだが、その間も手紙のやり取りや、一時的な帰国のたびにエステルにプレゼントを渡すなど、縁は切れることなく順調に続いていた。そんな中、エステルの父親が事故で急逝し、以降、エステルはクレインが不在のままウィルクス公爵家の別邸に住み始めたのだが、父のように慕っていたクレインの父も病で帰らぬ人となってしまった。そこから別邸内でエステルへの嫌がらせが始まった。ダンスの講師として雇われただけのはずのブレンダは我が物顔で居座り、ウィルクス公爵家の後継者クレインの婚約者であるエステルをこの邸の主として認めない執事や使用人と共に運営費を好き勝手に使うなど勝手気ままであった。邸で嫌がらせをされているエステルだが、邸を守るため彼女は奮闘していた。ある日、やっと帰国したクレインだが、以前とまったく違う雰囲気にエステルは驚いた。絵に描いたような貴公子だったはずなのに……一体何を身につけて帰って来たのですか――!?電子書籍特別書き下ろしには、結婚式の準備を進めているクレインとエステルの穏やかな日常に、隣国の王女が押しかけてきたドタバタストーリー。エステルを溺愛したいクレインと夫婦となった後日談や邸の完成が近づく中での二人のデートを書いた番外編も追加。『年上婚約者の溺愛に困惑してます!【分冊版】3』には『番外編 後悔しても時間は戻らない(ブレンダ)』~『番外編 溺愛は変わらない』までを収録

商品情報

シリーズ

全3冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

クリーク・アンド・リバー社のおすすめ本

女性向けラノベのおすすめ本