「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと

「国境なき医師団」の僕が世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人生でもっとも大切な「命の使い方」とは?スーダン、シリア、イラク、イエメン……人道支援の現場10年、ハーバード大学大学院で学んだ著者がいま伝えたいこと世界の紛争地区、避難する人々は、着のみ着のまま逃れてきます。そして、ようやく逃れてきても、家はない。学校もない。でも、命はある――。そんな世界一過酷な場所で、生き抜いている人々を目の当たりにしてきた国境なき医師団 日本の事務局長である村田氏。国際人道支援の現場で活動してきた中で気づいたことは、限りある命こそ、一番大事。でも、生きる上ではその命の使い方こそが重要だといいます。とくに、日本のような国にいる私たちに伝えたいことは、「夢をもたない、追いかけないのはモッタイナイ!」「自分の命を大きく使って生きよう」ということ。この命の使い方について本書では以下の6つのポイントから考えます。1.世界……世界の現実を知る2.アイデンティティ……「自分が何者であるか」の問いに決着3.夢……「これができれば本望」という夢をもつ4.戦略……夢を“ぼんやりとした夢”で終わらせない5.リーダーシップ……組織や社会を改善するためのアクション6.パブリック……一人ひとりができる世界をよくする方法本書では、この6つのポイントごとに、スーダン、シリア、イラク、イエメンなど、国際人道援助の最前線で著者が目の当たりにしてきた紛争地でのエピソードと、ハーバード・ケネディスクール人気No.1ロナルド・ハイフェッツ教授から学んだ教えの一部を紹介しながら、生きる上で重要な命の使い方について解説していきます。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

サンマーク出版のおすすめ本

自己啓発のおすすめ本