カルト化するマネーの新世界 元経済ヤクザが明かす「黒い経済」のニューノーマル

カルト化するマネーの新世界 元経済ヤクザが明かす「黒い経済」のニューノーマル

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

仮想通貨暴騰もFIREムーブメントも、すべて「カルト」である!新型コロナウイルスは、投資の条件たる「信用創造」を突き崩す究極の「暴力」だった。「黒い経済界」の元住民たる著者によれば、実体経済の停滞により、マネーロンダリングも停滞。先進国の「黒い経済」の担い手たちは退潮し、新たなアクターの台頭が見られるという(例えば武器・麻薬取引を新たに牽引するアフリカン・マフィアたち)。また、投資の世界への新参者を喰い物にする「カルト」とも呼べる現象が蔓延しているというのだ(例えば仮想通貨暴騰やFIREムーブメント)。本書では、マネーの表と裏を知り尽くした著者が、新型コロナという究極の「暴力」の発生を受けて様変わりする国際金融ならびに投資の世界の実態を明らかにする。アメリカと中国による「暴力」の応酬のはざまで、そして新興「カルト」が浸蝕を始めたマーケットで、日本の〈投資家たちの取るべき態度〉とはどのようなものか? そして〈本当の資産形成〉とは?[主な内容]はじめに第1章 コロナ禍と「マネー・カルト」第2章 資産形成の「奴隷」第3章 “黒い”コロナミクス第4章 コロナ禍の「地下経済」第5章 「王道の投資」と資産形成第6章 アフター・コロナに訪れる「国家暴力の時代」おわりに

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本