2020年 表と裏で読み解く日本経済 バンブーカーテンの世界分断と破滅する韓国

2020年 表と裏で読み解く日本経済 バンブーカーテンの世界分断と破滅する韓国

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

韓国のホワイト国(グループA)外し、アメリカ国家安全保障問題担当大統領補佐官・ボルトン氏の更迭、韓国高官による「在韓米軍不要発言」――国際社会を激動させている正体こそ、基軸通貨ドルという「世界の幹」を持ったアメリカの変化だ。冷戦構造下の「鉄のカーテン」に変わって、米中対立によってひかれたバンブーカーテンこそがそのホットポイントだ。アジアにおいては香港、台湾、日本、韓国。ヨーロッパにおいてはイギリス、ドイツ。中東においてはイラン、サウジアラビア、イスラエルが「ホットポイント」となる。一連の激震の余波は文化衝突を生みだし、世界をさらに揺らしている。国際政治を渡邉氏が、国際金融を猫組長氏が担当し、アメリカの国益という視点に立つことで、この激変を解き明かした。日本と世界の近未来を正確に解き明かした必読の書

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

徳間書店のおすすめ本

社会・政治のおすすめ本