AIに意識は生まれるか

AIに意識は生まれるか

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

AIと人類の未来は 「意識」が握っている。そんな「意識」は神秘的だが、決して神秘ではない。僕は意識を作ることで、そのことを示したいと思う。AIに意識は生まれるのか? AIに人間は征服されてしまうのか?そんな我々の不安や素朴な疑問は、ヒトの意識と大きく関係している。では、ヒトの意識とはいったい何なのか?3歳の時、「マリモ」が生きているのであれば、マリモにも感覚はあるのだろうか? あるとしたらそれはどういうものなんだろうか?と素朴な疑問を持った少年は、今日本最高峰の意識研究者となった。意識という巨大なテーマのもとで、哲学・神経科学・コンピューターサイエンス……と様々なジャンルの学問を越境しながら、神秘に満ちた意識の世界をじっくりと解明し、人工意識やAIのフロンティアについても語りつくす。最後には神経学者であり、クオリア研究者でもある土谷尚嗣氏との特別対談を所収。【「はじめに」より】僕がまだ三歳だったころ、家族旅行で北海道に行ったことがある。そのときのことだったと思うのだけれど、たぶん阿寒湖で、親が僕にマリモを見せてこう言った。「このマリモはね、生きているんだよ」その言葉から受けた衝撃を、僕は今も鮮明に覚えている。といっても、まだ三歳児だったから「生命」とか「主観的経験」なんていう言葉は、もちろん知らなかっただろう。ただ、その時の衝撃を、大人になった今の僕の言葉で言い換えると、こんな感じになる。「『マリモである』とは、どういうことなんだろう? このマリモにも感覚はあるんだろうか? あるとしたら、それはどういうものなんだろう?」それからしばらく経ち、小学生のときの話。風が強いある日に、僕は一本の木が揺られるのを見ながら、こう思った記憶がある。「この木は生きているんだろうか? 生きているなら、その場から動けずに風に吹かれ続けるって、どういう『感じ』なんだろう?」子どもだった僕は、何がわからないのかもよくわからなかったけれど、研究者になった今なら、かつての僕の疑問に言葉を与えられる。僕は、「意識」について知りたかったのだ。(中略)現在の僕は、研究者として、意識を「作ろう」としている。この本は、現在に至る僕の道のりをたどることで、みなさんにも備わっている「意識」の神秘と、それを神秘ではなくする方法があることに気づくまでの道のりを、追体験してもらうことを目的にしている。それだけではない。人工の意識は、僕たちの生活を大きく変えつつあるAI(人工知能)と密接な関係にある。もしAIが意識を持ったら、人類の将来は大きく変わる可能性があるからだ。【目次】Part1 世界はフィクションかもしれないPart2 意識とクオリアの謎Part3 意識を研究するPart4 意識のありかを探せPart5 クオリアが作り出すフィクションPart6 内側から見た意識Part7 意識の統合情報理論Part8 意識を作るPart9 意識を持つAIPart10 人工知識とクオリアの意味

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

イースト・プレスのおすすめ本

医学・薬学のおすすめ本