「電気回路、マジわからん」と思ったときに読む本

「電気回路、マジわからん」と思ったときに読む本

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。「とにかくわかりやすい!」だけじゃなく、ワクワクしながら読める! 電気回路とは、電気が流れる道のことです。その道は輪のように閉じていて、流れ出た電気は必ず同量が戻ってきます。電気は、道を通る際に何らかの仕事をします。電気回路を学ぶということは、電気が流れる「道」や、道を流れる「流れ」だけでなく、電気が流れる際の仕事も知るということです。つまり、電気回路を通じて電気の利用方法を幅広く理解することができます。 本書は、電気の広くて深い世界を知るための入門書として、電気が流れる輪を通して見えてくる世界を示せるよう努めました。前半は電気の道や流れについて、後半は電気が流れることによる電気の利用について、それぞれ重点をおいています。電気回路の性質上、ある程度の数式は避けられませんが、内容は平易なものに留めています。また、数式をすべて飛ばしても、読みものとして概要を理解できるようにしています。        このような方におすすめ・電気以外を専門とする技術者で、電気についても知りたい・これまで電気の勉強をしたことがなく、何から手をつけたらよいかわからない、あるいは資格取得を挫折した・電気に関係のある仕事をしているが、技術的なことはわからないChapter1 電気とは? ―電気回路の基礎知識Chapter2 直流回路の考え方Chapter3 交流回路の考え方Chapter4 交流の主役 ―三相交流回路Chapter5 電気の姿を知る ―電気計測Chapter6 情報としての電気 ―音声信号回路Chapter7 電気回路の集大成 ―電力系統Chapter8 動力や化学など、さまざまな利用方法Chapter9 カーボンニュートラルと電気

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

オーム社のおすすめ本

科学・テクノロジーのおすすめ本