勉強脳―知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」

勉強脳―知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

\気づいたら勉強に没頭し、覚えたら忘れない/ハーバード大ペンシルベニア大ニューヨーク大…世界有数の教授が続々絶賛!!脳のしくみを活かせば、勉強は楽しくてやめられない!著者はアメリカを代表する心理学者だ。長年、学習と記憶に焦点を当てた研究を行い、現在は、学校教育への心理学の応用を専門としている「教育のプロフェッショナル」である。著者によると、多くの人は「効果がないのに、効果がありそうに見える」間違った勉強の仕方をしているという。たとえばこんなこと……。×ノートを見栄えよくする×テストに備えて教科書を再読する×ひたすら過去問を解く×速読術を使う …こういったことは、「勉強している感じは出るが、真の実力はつかない」やり方だ。脳のしくみを活かすやり方がわかれば、たちまち勉強が楽しくなり、学びは加速し、一度覚えたことを長い間忘れずにいられる。入試、資格、検定、スキルアップ、留学…  正直な話、この方法を知っているだけで差がつきすぎるのだ。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

東洋経済新報社のおすすめ本

自己啓発のおすすめ本