幕末維新懐古談 六

購入済み

シリーズ

全7冊

作品情報

日本の仏師、彫刻家。高村光太郎の父。江戸時代明治時代を生き、上野の西郷隆盛像も制作。岡倉天心に請われ東京美術学校で教鞭を執り多くの弟子を輩出した。彫刻家としての自身の生い立ちや体験。幕末から明治にかけての庶民の生活を回想的に記録に残している。第六巻は「大隈綾子刀自の思い出」「皇居御造営の事、鏡縁、欄間を彫ったはなし」「葉茶屋の狆のはなし」 「良き狆のモデルを得たはなし」「四頭の狆を製作したはなし」「鶏の製作を引き受けたはなし」「矮鶏のモデルを探したはなし」「矮鶏の製作に取り掛かったこと」「矮鶏の作が計らず展覧会に出品されたいきさつ」「聖上行幸当日のはなし」を収録。

作品をシェアする

同じ作者の本

オリオンブックスのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください