幕末維新懐古談 三

幕末維新懐古談 三

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

日本の仏師、彫刻家。高村光太郎の父。江戸時代明治時代を生き、上野の西郷隆盛像も制作。岡倉天心に請われ東京美術学校で教鞭を執り多くの弟子を輩出した。彫刻家としての自身の生い立ちや体験。幕末から明治にかけての庶民の生活を回想的に記録に残している。第三巻は「年季あけ前後のはなし」「徴兵適齢のはなし」「家内を貰った頃のはなし」「堀田原へ引っ越した頃のはなし」「初めて博覧会の開かれた当時のことなど」「店初まっての大作をしたはなし」「引き続き作に苦心したこと」「東雲師逝去のこと」「東雲師没後の事など」「身を引いた時のことなど」を収録。

商品情報

シリーズ

全6冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

オリオンブックスのおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本