創元世界史ライブラリー マリア・テレジアとハプスブルク帝国 複合君主政国家の光と影

創元世界史ライブラリー マリア・テレジアとハプスブルク帝国 複合君主政国家の光と影

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

列強が角逐する激動の18世紀ヨーロッパに生き、40年にわたってハプスブルク帝国に君臨したマリア・テレジア。その治世は、多くの国・地域からなる「複合君主政国家」の現実と「絶対主義」的な支配理念とが絶えず衝突してせめぎ合う、波乱に満ちたものであった。「正義と慈愛」を掲げ、試行錯誤を重ねながら統治した「女帝」の生涯を、政治・社会・文化の諸相、そして同じ時代を生きた人びとの姿と絡めて描く。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

創元社のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本