ぼくは悪でいい、おまえを殺せるなら。 【短編】8

ぼくは悪でいい、おまえを殺せるなら。 【短編】8

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

8話 かくしごと両親をなくし、無職の兄と一緒に暮らす少年・起輝は、兄の斡旋で来た大人たち相手に「奉仕」をする日々を過ごしていた。ある日、彼の元にガブリエルを名乗る同い年の子と仲良くなり、彼女(彼)に名刺を渡される。そこに書かれていたのは… 「クズな大人の被害にあう子供のための復讐屋」「確実に大人を殺します」「悪い大人限定」への仕置き屋だった――。子供をオモチャのように扱う、屑な大人に対する、子供たちの復讐が始まる――。「大人」とは何か、「正義」とは何かを問う、衝撃のバイオレンス・サスペンス!!!!!!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート