夏目漱石文芸論集

夏目漱石文芸論集

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『三四郎』『それから』『こころ』『明暗』など、100年以上読み継がれる多くの名作を生み出し、近代日本文学を代表する文豪・夏目漱石。漱石の文芸論を多数収録。●収録作品教育と文芸批評家の立場文学雑話文芸委員は何をするか文芸と道徳文芸とヒロイツク文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎文章一口話文体の一長一短文壇の趨勢家庭と文学鑑賞の統一と独立好悪と優劣予の描かんと欲する作品近作小説二三について滑稽文学の将来客観描写と印象描写コンラッドの描きたる自然について作物の批評「自然を写す文章」写生文処女作追懐談人工的感興西洋にはない何故に小説を書くか猫の広告文艇長の遺書と中佐の詩日英博覧会の美術品明治座の所感を虚子君に問れて虚子君へ草平氏の論文について田山花袋君に答う坪内博士とハムレット独歩氏の作に低徊趣味あり『煤煙』の序「額の男」を読む高浜虚子著『鶏頭』序岡本一平著並画『探訪画趣』序木下杢太郎著『唐草表紙』序『土』に就て長塚節氏の小説「土」『伝説の時代』序「夢のごとし」を読む

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

千歳出版のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本