自ら学び、未来に活躍する人財が育つ WPL3.0 ワークプレイスラーニングの理論と実践

自ら学び、未来に活躍する人財が育つ WPL3.0 ワークプレイスラーニングの理論と実践

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。いつの時代も学びの90%は「職場」で得られる。経営者から人事、現場マネージャーまで、誰もが待ち望んだ「自ら学び、未来に活躍する人財が育つ」職場学習の極意がここに。「自分の育ってきた環境とは異なっていて、現世代の社員をどう育成したらよいか分からない…」「人財育成に取り組んでいるが、成果に繋がっているかがわからない…」多様化するビジネス環境の中で、職場学習を最適化し、従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出すことは容易ではありません。本書では、人財育成における職場学習の重要性とともに、その理論と実践法をお伝えします。【本書の特色】◎第1部は読者が自分自身を登場人物の一人として想像しやすいようなストーリーを展開。◎第2部はそのストーリーを基にした具体的な解説を通じて、「ニュアンスの理解から細かいアクションまで」の体系的な学びを実現。◎陥りがちなミスや具体的な実例を示し、読者がより実践的な知識を身につけやすい工夫。【目次】第1部 ストーリーで学ぶWPL3.0プロローグ:変革が求められる時代STEP1 現状と課題整理 ~Whyを明確にする~STEP2 ゴール設定 ~Whatを明確にする~STEP3 施策の検討と実行 ~ Howを明確にし実行する~STEP4 評価とネクストアクションエピローグ:未来人財が育つ組織インタビュー第2部 WPL3.0 解説編ワークプレイスラーニングとはWPLグランドデザインとWPLキャンバスWPLマネジメントとWPLプロジェクトステップSTEP1 現状と課題整理 ~WPLの「Why」を明確にする~STEP2 ゴール設定 ~WPLプロジェクトを立ち上げてWPL推進の4指標を決める~STEP3 施策の検討と実行 ~施策検討および施策実行のためのツール紹介~STEP4 評価とネクストアクション

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ディスカヴァー・トゥエンティワンのおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本