陽の当たる丘 第10章 甦る熱情 分冊版3

陽の当たる丘 第10章 甦る熱情 分冊版3

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

山手病院の院長となった秀一郎と共に理想の病院づくりに燃える芙由子達。だが秀一郎は系列病院が皆離反してしまったので自信がない、父と住んでいた屋敷も出て行く事になったと言い芙由子を驚かせる。そこに豪介と万理子が現れ、病院を秀一郎が継ぐ代わりに豪介が三宅屋敷を相続したので引っ越しの挨拶に来たと言う。秀一郎を屋敷から出し、あの広い屋敷に2人だけで住むというのだ。系列病院のほとんどが順徳会の傘下に下り、山手病院は裸同然。そこに三宅家にとって最大の資産価値がある三宅屋敷を獲られては山手病院も外堀を埋められたようなものだと指摘する鮫島に、この先も秀一郎を支援するつもりだという豪介。だがそれは山手病院を順徳会に引きずり込む罠だった!?鮫島の指摘に開き直って認める豪介。あまつさえ芙由子は豪介が送ったスパイだと言う。なんて事を言うの。もしも私があなたに逆らうなら愛があろうと叩き潰すと言ったのは本気なのね…!? 芙由子と豪介の戦いは、周囲を巻き込み悲劇へと向かう…!?

商品情報

シリーズ

全32冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

秋水社ORIGINALのおすすめ本

女性マンガのおすすめ本