ifの世界線  改変歴史SFアンソロジー

ifの世界線  改変歴史SFアンソロジー

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

歴史は変えられる――物語ならば。色とりどりの“if”の世界に飛び込む、珠玉のSFアンソロジー。★収録作品★石川宗生「うたう蜘蛛」死ぬまで踊り続ける奇病が蔓延したイタリア。頭を抱える総督の前に、「この流行り病を収束させてみせましょう」と嘯く錬金術師が現れる。テオフラトゥス・フォン・ホーエンハイムと名乗るその男が披露したのは、奇天烈な治療法だった。宮内悠介「パニック――一九六五年のSNS」一九六五年の日本。そこには「ピーガー」というSNSが存在した。 ベトナム戦争の取材で一時行方不明となった作家・開高健。帰国した彼を待ち受けていたのは、「ジコセキニン」という非難の嵐。世界初の炎上事件の謎を紐解いた先に待っていた真実とは。斜線堂有紀「一一六二年のlovin' life」和歌を“詠訳”する平安時代。“詠語”ができないけれど詠む歌は一級品の歌人・式子内親王の前に現れた一人の女房によって、世界が一変する。小川一水「大江戸石廓突破仕留(おおえどいしのくるわをつきやぶりしとめる)」南北四里、丈百尺、厚さは二間。その江戸には巨大な石壁「大廓」が横たわっていた。一体、その石壁は“何”から江戸を守っているのか――? 明暦三年一月。燃え上がるあの日の真実が紐解かれる。伴名 練 「二〇〇〇一周目のジャンヌ」一四三一年五月三十日、フランスの英雄ジャンヌ・ダルクは今まさに火刑に処されたーーはずだった。しかし目を覚ますと、処刑の朝に時間が巻き戻る。彼女にもたらされた「奇跡」の正体と代償とは。★絶賛の声続々!★石川宗生「うたう蜘蛛」 読後きっとあなたも現実と虚構の間で踊ることになるだろう。――三宅香帆(書評家) 宮内悠介「パニック――一九六五年のSNS」 ifによる歴史改変ではなく、タイムラインを遡り、生き証人たちにSNSの闇と真実改変の仕組みをRT(回顧)させ、“真実”というif(畏怖)の匂いを解き放つ!――小島秀夫(ゲームクリエイター) 斜線堂有紀「一一六二年のLovin’Life」読むごとに打ちのめされる。斜線堂有紀には、底も果てもないのか。――池澤春菜(書評家) 小川一水「大江戸石廓突破仕留」明朗時代劇と歴史改変SFの完璧なマリアージュ。――大森望(書評家) 伴名 練「二〇〇〇一周目のジャンヌ」「あなたは神を信じますか」いやぼくがいるから神もいるんだが。心から神を疑わない人間はいるのだろうか?――でびでび・でびる(VTuber)

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

小説一般のおすすめ本