森のくまさん、冬眠中に乳首を愛でられました。(33)

森のくまさん、冬眠中に乳首を愛でられました。(33)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※「森のくまさん、冬眠中。」のタイトルでTVアニメ化!お前、もしかして…俺の冬眠中にずっと乳吸ってたのか…!?――森で暮らすクマさんは数年前、子犬を拾った。大事に育て、素直で優しく育ってくれたものの、クマさんにはある悩みが…もうすぐ冬眠の時期だというのに、未だ子犬が乳離れしてくれないこと!こんな甘えん坊で大丈夫だろうか…?不安なまま、どうにか冬ごもりを始めたクマさんだったが――数カ月後の春、じんじんと痺れるような快感で目覚めると…目の前には背の高い成犬が!?「ずっと待ってたんだよ」と乳首を舐められて…って、この子まさかあの子犬!?

商品情報

シリーズ

全34冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

スクリーモのおすすめ本

BLマンガのおすすめ本