千年後に迫り来る大洪水 日本書紀に遺された巨大洪水と神功皇后

千年後に迫り来る大洪水 日本書紀に遺された巨大洪水と神功皇后

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

紀元1世紀──ディープインパクト、日本海誕生、大洪水……。「天運尽きて国が海となるのか」(日本書紀)「人が増えすぎた。人の悪が世界で増大した」(創世記)「洪水は海からではなく、天からやってきた」(エジプト神官)……。それは神の怒りか、現代文明の消滅か。なぜ、ピラミッドをはじめとする「高層建造物」がつくられたのか。宇宙工学者が挑む古代史ミステリー。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

文芸社のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本